ネッツトヨタ横浜ロゴ

電気自動車とハイブリッドのいいとこ取り【プリウスPHV】

電気自動車とハイブリッドのいいとこ取り【プリウスPHV】

近年新しく登場した電気自動車。その最大の魅力は、ガソリンではなく、電気で走ることですが、常にバッテリー残量を気にしなくてはならないという欠点が。電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)のいいとこ取りの夢のような車がプリウス・プラグインハイブリッド(PHV)なのです。 プリウスPHVの特徴をここでは分かりやすくご紹介致します。

充電切れを気にしない

電気自動車とハイブリッドのいいとこ取り【プリウスPHV】電気自動車(EV)のようにバッテリーに充電した電力で走りますが、「プリウスPHV」はバッテリーを使い切ってしまってもガソリンを燃料にハイブリッドカーとして走ることができます。EV走行時はCO2を一切排出せず、航続距離はハイブリッドカーを上回る、いいとこ取りのクルマ! 満充電でのEV走行距離は68.2km(JC08モード・国土交通省審査値*)ですので、ちょっとしたお出かけや通勤でも充分。

さらに、ガソリンを使用したハイブリッド走行燃費は37.2km/L(JC08モード・国土交通省審査値*)。ガソリンタンクは45Lあるので、一体どこまで走れることができるのでしょうか・・?

選べる便利な充電方法

バッテリーへの充電は、自宅のコンセント(100V・200VどちらもOK)、出先での充電器(急速充電・普通充電どちらもOK)のほか、なんと屋根の上のソーラーパネルで発電した電力もEV走行に使えます。(一部グレードにメーカーオプション)

また、家電感覚で「普通充電の開始時刻」または「出発時刻」をあらかじめ設定できる機能がありますので、出発時刻に合わせて満充電にするなど、バッテリーに優しい使い方ができます。

エコカーなのに質の高い走り

プリウスから始まったトヨタのクルマづくり構造改革。新プラットフォーム「TNGA」による低重心、高剛性ボディが、操縦安定性・乗り心地・静粛性・安全性などを高いレベルで両立しています。

ドライバーと一体化するような、優れた操縦安定性と気持ちのいいハンドリング。意のままに操ることができる「プリウスPHV」ならではのスタイルです!

安全性能にも抜かりなし

電気自動車とハイブリッドのいいとこ取り【プリウスPHV】先進安全パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全グレードに標準装備。
①カメラとミリ波レーダーで歩行者まで検知する「プリクラッシュセーフティシステム」

②道路上の白線を認識して車線の逸脱を警告、回避する「レーンディパーチャーアラート」

③センサーで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール」

④LEDヘッドランプを制御して、ハイビームでも対向車や先行車に光が当たる部分だけを遮光することで夜間の視認性を高める「アダプティブハイビームシステム」など、「交通事故死傷者ゼロ」という究極の願いに向けた装備が充実。

プリウスから進化したデザイン

電気自動車とハイブリッドのいいとこ取り【プリウスPHV】外装はベースとなったプリウスと一線を画すデザインです。フロントは先進的な4眼LEDヘッドランプに透明感のあるアクリルグリル、リヤは空力性能にもこだわったふくらみのあるガラス「ダブルバブルウインドウ」が目を引きます。

室内にはタブレットのような使い心地の11.6インチT-Connect SDナビを装備(一部グレードを除き標準装備)。縦型に配置された大型ディスプレイもプリウスPHVならでは。

*メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールを装着した場合、EV走行距離は55.2km、ハイブリッド燃費は30.8km/L。充電電力使用時走行距離および燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離、燃料消費率は異なります。

関連記事

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018