ネッツトヨタ横浜ロゴ

神奈川の潮干狩り特集

神奈川の潮干狩り特集

ゴールデンウィークといえば潮干狩りシーズン!家族みんなで採ったアサリを料理するのは潮干狩りの醍醐味。自分たちで採った新鮮なアサリの味は忘れられない思い出になりますよね。お目当の砂浜を見つけたら、さっそくお出かけに行きましょう!今回は、神奈川の潮干狩りスポットをご紹介します。

海の公園(横浜市)

神奈川の潮干狩り特集 海の公園 《写真参照元:海の公園HPより》

県内の潮干狩りスポットといえばやっぱりここ!横浜市内唯一の海水浴場でもある海の公園の砂浜ではアサリ、シオフキ、カガミガイ、マテガイが自然繁殖しており、潮干狩りを楽しむことができます。一般的に潮干狩シーズンは3月中旬〜6月頃ですが、昼間に潮の引きの良い3月〜9月中旬頃まで楽しむことができます。干潮時刻の前後2時間くらいが潮干狩りに最適な時間帯です。 料金:無料

野島公園(横浜市)

神奈川の潮干狩り特集 野島公園 《写真参照元:野島公園旧伊藤博文金沢別邸HPより》

海の公園のすぐそばに位置する、ここ野島公園は密かな穴場スポット!天然アサリをはじめマテガイなどを採ることができます。野島公園の潮干狩りポイントは、入り江になった遠浅の砂浜。足洗い場や芝生も近くにあるので、子どもの水遊び場にもぴったりです。海抜57mの野島山を中心に展望台、バーベキュー場、キャンプ場、野球場などの施設も充実しています。 料金:無料

東扇島東公園 かわさきの浜(川崎市)

神奈川の潮干狩り特集 東扇島東公園 かわさきの浜 《写真参照元:川崎市HPより》

前回の「クルマで出かけよう!ピクニックに最適な、駐車場がある神奈川の公園特集」でもご紹介した東扇島東公園は、砂浜の散策や貝拾いができるように作られた人工海浜都心。広い園内では海と空と緑を満喫でき、飛行機や大型船舶などを眺めながらゆっくりと潮干狩りが楽しめます。都心からもアクセスが良く、バーベキュー広場やドッグラン、芝生広場などもあり、さまざまな施設が充実しています。 料金:無料

走水海岸(横須賀市)

神奈川の潮干狩り特集 走水海岸 《写真参照元:横須賀観光情報ここはヨコスカより》

三浦半島では数少ない潮干狩りスポット。家族連れも多く訪れる走水海岸ではアサリがメインに採れ、遠浅の海は波もとても穏やかで、岩場もあり磯遊びも楽しめるのも魅力。猿島や房総半島、遠く富士山を望むことができます。また、観音崎公園の一画に位置しているので、観音崎の海岸に延びるボードウォーク(木製遊歩道)からは東京湾の玄関「浦賀水道」を世界各国から訪れる船が休む間もなく通り過ぎる様子を一望できます。 料金:2kgまで1,200円(中学生以上)

番外編・金田海岸(千葉・木更津)

神奈川の潮干狩り特集 金田海岸 《写真参照元:龍宮城スパ/ホテル三日月HPより》

川崎からアクアラインを通ってすぐの千葉県・金田海岸も言わずと知れた潮干狩りスポット。龍宮城ホテル三日月の敷地内に目の前が潮干狩り会場になります。たっぷり潮干狩りを楽しんだら、ホテルの日帰り入浴プランを利用すれば、体に付いた砂や潮もさっぱりキレイに。レストランやショップ、子どもも嬉しいレジャー施設で楽しさが何倍にも広がります。 料金:2kgまで1,800円(中学生以上)

初夏ドライブのおすすめグッズ

緑の鮮やかな季節になりました。気温も上がり、クルマの中ではエアコンを使う機会も増えてくるのではないでしょうか。久しぶりにエアコンをつけたときに気になるものといえば、あのイヤなニオイですよね。エアコン内部の空気を冷やす「エバポレーター」という部品が汚れたり、カビやダニが繁殖してしまうのが主な原因です。
「クイックエバポレータークリーナー」はエバポレーターの表面を洗浄してニオイの発生を防ぎます。本格的な夏が来る前にぜひ対策を!(効果:約1年)
クイックエバポレータークリーナー:4,320円

神奈川の潮干狩り特集

潮干狩りに行く前に忘れてはならないのが、潮見表のチェック。現地の天気や潮の状態、満潮・干潮の時刻などを細かく把握しておくことが大切です。干満の差が大きい大潮の日を狙いましょう。

今回ご紹介したのはいずれも大人気の潮干狩りスポットのため、駐車場は朝からいっぱいになってしまいます。
早朝から出かけて駐車場を確保し、干潮の時間まで遊べる道具やプランを準備しておくことをおすすめします。 また、各スポットでは採ることのできる貝のサイズや一度に採って良い貝の量、使える道具などのルールが決められています。ルールを守って楽しめるよう、事前にチェックしておきましょう。

関連記事

TOYOTAの世界戦略SUV CHR Arecrit_bnrネッツトヨタ横浜 採用情報2019