ネッツトヨタ横浜ロゴ

七夕シーズンにお勧め!クルマで行けるプラネタリウム特集

七夕シーズンにお勧め!クルマで行けるプラネタリウム特集

一年に一度訪れるロマンチックなイベント、七夕。気軽に天体について学べるプラネタリウムでは、親子一緒に「天体」に親しむきっかけになるのではないでしょうか?子どもはもちろん大人まで世代を超えて楽しんで学ぶことができ、天候にも左右されずにまったりと楽しむのにピッタリのスポットです♪
今回はクルマでいける駐車場つきのプラネタリウム施設をご紹介していきたいと思います。

はまぎんこども宇宙科学館

5F〜B2にかけて館全体が大きな宇宙船をイメージした体験型科学館となっており、フロアごとにテーマの異なる5つの展示室が設けてあります。子どもだけでなく大人も一緒にふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎを学べるのが特徴です!
ここは横浜市内で唯一のプラネタリウムで、直径32mのドーム全体に広がる迫力の映像により臨場感あふれる宇宙を体験できます。また、月に1~2回程度「星空観察会」を開催。この「星空観察会」はプラネタリウムで宇宙の話をきいた後、実際の星空のもと星や星座の解説をきいたり、月や惑星などの天体観察なども行ないます。

駐車場:約70台
駐車料金:700円(1日) はまぎんこども宇宙科学館 《写真参照元:横浜市カレンダー施設》

かわさき宙と緑の科学館

川崎市在住のクリエイターが制作した「MEGA STAR Ⅲ FUSION」による世界最高水準のリアルな星空は、まさに本物の夜空そのもの。星空の美しさに加えて、「リアルさ」「自然さ」を追求。精密な星の明るさの差や、色をより忠実に再現し見る人すべてを星空の世界へと誘います。
毎月変わる科学館のオリジナル番組を、その時々に観察できる天文現象の紹介とともに専任の解説員が生解説。第1木曜日・第3水曜日には乳幼児(4歳くらいまで)の子どもと保護者が対象の「ベビー&キッズアワー」も開催しています。

駐車場:生田緑地駐車場
駐車料金:1時間以内 200円 ※超過料金30分毎(2時間以内 100円、2時間超え50円) かわさき宙と緑の科学館 《写真参照元:川崎市》

藤沢市湘南台文化センター

国道からも良く見える直径20mの巨大なドームが目印。1千万個の星を投影できる最新の設備に加え、160席のリクライニングシートでは星の世界をゆっくりと堪能することができます。開館時間中の星の投影のほかに、土曜日の夜間投影、星空の下で行なうコンサート、演劇などさまざまな楽しみ方ができるため、家族連れにも大人気のスポットです。
地下にある展示ホールでは、世界の楽器、世界のおもちゃなどの民族系展示をはじめ人体のしくみ、物の見え方などをゲーム感覚で楽しく遊んで学べる科学展示も見どころ。

駐車場:約80台
駐車料金:30分につき100円(2時間まで無料) 藤沢市湘南台文化センター 《写真参照元:藤沢市湘南台文化センターこども館》

相模原市立博物館

相模原の歴史、自然について学ぶことができる博物館。JAXA相模原キャンパスも隣接しており、「宇宙とつながる」をテーマにした天文展示室が充実。「はやぶさ」の試作エンジンなども展示されています。
210人が一度に観覧できるプラネタリウムでは生解説による星空の投影のほか、迫力ある大型映像の映画(全天周映画)の上映も行なっています。 プラネタリウム番組は、当日の夜に見える星座などを紹介する「星空案内」と「テーマ解説」の二部構成でできています。県内最大級の直径23メートルのドームで瞬く星空と、約40分の生解説をお楽しみください。

駐車場:95台
駐車料金:無料 相模原市立博物館 《写真参照元:1000円もって公園へ行こう!》

伊勢原市立子ども科学館

話題の4K2Kプロジェクターを使った、ドーム型の巨大スクリーンに映し出される迫力ある映像は、子どもから大人まで十分に楽しむことができます。季節の星や星座にまつわるお話をする「天文おはなし会」や季節毎のイベントも注目です。「伊勢原市立子ども科学館」では、プラネタリウム番組投影前に約15分「今夜の星空」の生解説を行います。解説員によって個性が違うので、色々な人の解説を聞くのも新しい発見があって楽しいですよ!

駐車場:1.施設1階部分(25台)2.市役所駐車場 3.市役所臨時駐車場 伊勢原市立子ども科学館 《写真参照元:観光/ホームメイト・リサーチ》

関連記事

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018