ネッツトヨタ横浜ロゴ

「誰にも聞けない」あなたのための、初めてのクルマ購入ガイド 第5回・納車までに何をしておけばいいの?

「誰にも聞けない」あなたのための、初めてのクルマ購入ガイド 第5回・納車までに何をしておけばいいの?

前回の第4回では、クルマの購入に必要なもののお話をしました。第5回となる今回は、いよいよ納車へ向けて準備しておくことや納車の際の注意点などについてお話ししたいと思います。

注文~納車までにはどのくらい時間がかかる?

「誰にも聞けない」あなたのための、初めてのクルマ購入ガイド 第5回・納車までに何をしておけばいいの?新車を購入したら誰しも「すぐにでも乗りたい!」と思いますよね。ところが、納車までには少しお時間がかかってしまうのです。なぜ時間がかかるのでしょうか?
注文したクルマの在庫が販売会社にある場合は、「ディーラーオプションの装着」「新車点検」「車検証とナンバープレートの発行」「お店への回送、納車前の最終準備」などで通常3週間ほど必要となるのです。在庫がない場合はトヨタの工場でクルマができあがり、運ばれてくるのを待ってからになるのでその分余計に期間がかかります。
車種とグレードの他にボディカラーやメーカーオプションが決まっていれば、ご注文の前に大体の納期目安が分かりますので、スタッフに確認しておきましょう。特に下取車の車検が近づいている場合などは要注意です!

その間に準備しておくことって?

第3回で解説した印鑑証明など、必要な書類を期日までに揃えておきましょう。注意しなくてはいけないのが、書類は「新車の納車まで」ではなくそれよりも前に用意しなくてはならない、ということ。スタッフから「どんな書類がいつまでに必要か」のご説明がありますので、忘れずに準備してくださいね。
また、保管場所として申請した駐車場にきちんと新車を置けるかどうかを確認するため、警察署から担当者が見に来ます。下取車として申請したクルマ以外のクルマやモノが置いてあったり、シャッターが閉まっていて車庫の中が見えないと「ここに新しいクルマを置くことはできない」と判断されてしまい証明書の発行が遅れてしまいますので、気をつけましょう。

自動車保険の手続きも必要です

「誰にも聞けない」あなたのための、初めてのクルマ購入ガイド 第5回・納車までに何をしておけばいいの?新たにクルマを購入する場合は、自動車保険(任意保険)の加入準備を進めておきましょう。
保険料は補償の内容や車種、被保険者の年齢などによっても異なります。補償内容に不足があるのはもちろん問題ですが、逆に必要の無い補償まで付けてしまって無駄な保険料を支払い続けるのも良くありませんね。ご自分の使い方をよく説明して、最適な補償内容を提案してもらいましょう。クルマを購入した自動車ディーラーで保険に加入すれば、万一の事故の際にも窓口担当者が全て同じですので処理がスムーズですよ。
クルマを買い替える場合は下取車となるクルマからの「車両入れ替え」手続きが必要になります。手続き自体は新しいクルマの車検証ができてからとなりますが、保険料の追加払いや払い戻しがある場合がほとんどなので、事前に保険会社へ金額と支払い方法の確認をしておきましょう。こちらも新車を購入する自動車ディーラーで保険に加入していれば、手続きが一本化できて便利です。

手放す下取車の準備も忘れずに

「誰にも聞けない」あなたのための、初めてのクルマ購入ガイド 第5回・納車までに何をしておけばいいの?クルマを買い替える場合、忘れてしまいがちなのが「下取車」の準備です。下取車の中に忘れ物はありませんか?ガソリンスタンドの会員カードやCD、小銭などが残ったままになっていることが多いです。また、下取車の「車検証」「自賠責保険証」「自動車税の納税証明書(一番最近のもの)」「整備手帳」がクルマの中に入っているかも確認しておきましょう。下取に出す前には、思い出のつまったクルマと一緒に写真を撮っておくのもオススメですよ!

さあ納車

いよいよ納車となりました!早く運転したい気持ちを抑えて、まずは新車の操作方法や注意点をしっかりと確認しましょう。スタッフが一通りの使い方を教えてくれますが、納車の時というのはワクワクしてしまってつい聞き漏らしがちになってしまうもの。帰り道で「困った!」なんてことにならないように、納車までの間に予習しておきたいものですね。トヨタ自動車のWebサイトでは、 クルマ ナビの取扱説明書が閲覧できますので、納車までの期間を利用してチェックしてみてはいかがですか?
また、納車の際には万が一にも新車にキズなどがないかもチェックしておきましょう。もちろん納車前にスタッフがきちんと確認していますが、念のためもう一度一緒に確認してくださいね。
さあ、それでは新しいクルマに乗って、安全・快適で楽しいドライブに出かけましょう!

さて、5回にわたり「クルマの買い方」をご説明してきましたが、ご参考になりましたでしょうか?
滅多とない大きな買い物ですから、事前にきちんと準備しておきたいですね。 次回からは「ハイテク予防安全装備」や「残価設定型プラン」など、少し複雑な話を分かりやすく解説していきたいと思います。お楽しみに!

関連記事

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018