ネッツトヨタ横浜ロゴ

買い物しながら気軽に立ち寄れるショールームの新しい形・トレッサ横浜

買い物しながら気軽に立ち寄れるショールームの新しい形・トレッサ横浜

トレッサ横浜は、トヨタが開発・運営を行っている大型ショッピングモール。スーパーや各専門店、フードコートなどが家族連れでにぎわう一方で、トヨタとダイハツの6店舗のディーラーが立ち並ぶ「オートモール」と呼ばれるショールームが入っていることも大きな特徴です。カフェや本屋も並ぶ専門店街の中にたくさんの車が展示され、買い物のついでにちょっと覗いてみよう、という感覚で気軽に車に触れることができます。 ネッツトヨタ横浜 トレッサ横浜店の玉城さんにお話を伺いました。

車を預けて点検を待つ間にショッピング

車を預けて点検を待つ間にショッピング―ショッピングモール内にお店があると、便利に感じるお客様も多いでしょうね。

玉城(タマシロ)さん「そうですね。まずここに来るとトヨタの車が全部見られるというのが、お客様にとっての利点のひとつだと思います。各社の展示車が北棟2階のフロアにずらりと並んでいて、お客様が「この車が見たいけれど、どこのトヨタに行ったらいいかわからない」という時に、ここに来ていただければ必ずどこかが扱っています。試乗車もオートモールの1階にあるので、試乗もできます。あとはやっぱり、お客さんからするとすごく入りやすいですよね。通路とショールームの境目もあまりわからないような感じにしていて、気軽にふらっと見に来て自由にカタログを持って行けるような空間になっていると思います。」

―ショッピングモールに買い物に来てそのまま車の相談もできるんですね。

玉城(タマシロ)さん「ただ車を展示しているだけではなくて、フロアにいるスタッフはみんな営業マンなので、ここで車が買えますし、一階には工場もあるので点検整備もばっちりできます。他店舗にはないお客様に喜ばれるポイントとして、点検整備で車を預けたら、終わるまでの間にお買い物をしていただけるということがありますね。1~2時間かかったとしても、買い物していたらすぐに経っちゃいますからね。

ご家族で来られる方が多いというのは、私たちにとってもありがたい点です。個別のディーラー店舗だと、旦那さんが一人でいらっしゃっても、ご家族と相談しないとなかなか決断できない、ということもよくあります。ここはご家族みんなで来て、みんなで車を見ていただくが多いので、その場でご家族みんなで相談できるというのは非常に話が早いんです(笑)。」

気軽さを最大の魅力にファミリー層へのサービス充実

気軽さを最大の魅力にファミリー層へのサービス充実―トレッサ横浜の店舗の一番の魅力はどこでしょう。

玉城さん「一番は、だれでも気軽に入りやすい、敷居が低いということでしょうね。露出という面では、他店より圧倒的に多いですし、車を買おうと強く意識しているわけでなくても、「ちょっと見てみたい」という気持ちで入ってこられるというのは最大の魅力じゃないでしょうか。地元の懇意にしているディーラーで買いたいけれど、まずここで下見したいというお客様もいらっしゃいます。そういう気軽に車を見られる敷居の低さは、僕らもどんどん良い方向に利用して、いろんなきっかけでここに入ってきてくださったお客様が「じゃあ今度はここで車買おうかな」と思っていただくこともやっぱり多いですね。ここは年中無休で夜9時までやっているので、そこも他店とは違ってお客様にとっては利用しやすいポイントなのではないかと思います。」

―モール全体のにぎわいが、車を購入する新規のお客様にもつながっていきそうですね。

玉城さん「トレッサ横浜がちょっと変わっているところが、2008年度の開館から毎年来場者数が伸び続けていることなんですよ。これはショッピングモールの世界ではなかなかありえないことらしいです。

トレッサ横浜は、イベントごとがかなり充実していて、先週も9周年の謝恩イベントをやったんですが、2日間で12万人の来場者数だったそうです。普通のショッピングモールと違ってオートモールが入っていることを生かして、レーシングカーを公開したり、子ども向けに整備士の職業体験を開催したり、車に関する体験型イベントをいろいろと行って、ファミリー層のお客様に好評です。 道路の反対側の南棟にはスーパーも入っているので、近隣の方にとっては本当に毎日利用する日常のお買い物の場なんですね。トレッサ横浜全体が、ファミリー層からあつく支持されていると感じています。各社のショールームにキッズコーナーもあるので、買い物中のお子さん連れのお母さんに利用していただくこともあったりと、来館される方々の日常に密着した店になっていけるのが大きな強みだと思っています。」

―ファミリー層へのアプローチが強いのですね。

「ファミリー層といえば、ショッピングカートの子どもの乗れるユニットがついているものがありますよね。そのカートで、最近新しくスポーツカーの86にそっくりのモデルを作ったんです。ネッツ横浜で車の購入でも整備でも、何かしら取引のあるお客さんに、車を預けてもらって作業している間にお貸ししています。これはすごく評判が良くて、お子さんはみんなすごく喜ばれるみたいです。利用されていたお客様が、他のお客様から「そのカートはどこで借りられるんですか?」と聞かれたりもしたそうですよ。

あとは、このネッツ横浜の店舗でいえば、熱帯魚の水槽がお子さんに人気です。南棟からリヨンブリッジという橋を渡ってきてすぐ右がこのネッツ横浜の店舗なのですが、そちらから入ってくるとすぐのところに、この水槽があります。車を見るつもりでなくても、自然とこの水槽に引き寄せられて入ってきて、お子さんがしばらく眺めていたりします。そういうところでも親しみを感じていただけたらと思います。」

何でも相談できるネッツトヨタ横浜の「フロアスタッフ」

何でも相談できるネッツトヨタ横浜の「フロアスタッフ」―たくさんのトヨタのお店が並んでいるオートモールですが、ネッツトヨタ横浜ならではの特徴はあるのでしょうか。

玉城さん「オートモールのお店の中で意識的に差別化しているわけではないのですが、ネッツトヨタ横浜は、お店にいるフロアスタッフがみな、ご購入でも点検整備でも何でも相談していただけるということが他店と違う点だと思います。普通は車を売る担当の営業マンと、点検整備の窓口担当となるフロントマンに分かれて仕事を行うお店が多いのですが、ネッツトヨタ横浜では、営業マンとフロントマンが一体になった「フロアスタッフ」という形でお客様対応をしています。たとえばご購入した時に担当したスタッフに点検整備のことも相談していただくことができるし、もし担当スタッフが不在でも、店内にいるスタッフの誰に聞いても、購入のことでも点検整備のことでも保険のことでもお答えできるんです。窓口が一本化しているので、お客様にとっては手続きの手間も少ないですし、何でも安心してご相談しやすい環境になっていると思います。」

―スタッフの方がどんなふうに対応してくれるかも、来店する際の大きなポイントですね。

玉城さん「実は、ちょうど自分も8歳と2歳の子どもがいて、トレッサ横浜に来館されるお客様の層にぴったり当てはまるんです。そういう意味ではお客様と近い視点で対応することができるのでは、と思います。自分自身もファミリー層に人気のヴォクシーに乗っているので、お客様にもよくヴォクシーをお勧めしたりしますね。
オープン当初からこの店舗に勤めて9年になりますが、よく家族で、トレッサ横浜の他のテナントも利用しているんです。特に、当店の向かいにあるスタジオキャラットというフォトスタジオには、たびたびお世話になっています。子どもの七五三だったり、一歳の誕生日だったり、何かある時はかならずそちらで写真を撮ってもらっています。 来店するお客様にも、そういう意味で親しみを持って車に関することならなんでもご相談いただけたらと思います。」

玉城(タマシロ)さん

Profile

玉城(タマシロ)さん

《トレッサ横浜店 フロアスタッフ》 トレッサ横浜店オープンから9年務められているそうです!

Netzトヨタ横浜 トレッサ横浜

トレッサ横浜店詳細ページ

関連記事

関連記事はまだありません。

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018