ネッツトヨタ横浜ロゴ

ボリュームたっぷりランチは「会話が止まる」おいしさ・横浜ビストロZIP

ボリュームたっぷりランチは「会話が止まる」おいしさ・横浜ビストロZIP

横浜駅から徒歩7分の、駅前の喧騒からは少し離れた路地裏にある「横浜ビストロZIP」は、知る人ぞ知る、肉とワインが自慢のお店。
ランチメニューの味とボリューム感は、とても1200円とは思えない贅沢さです。

前菜とメインがそれぞれ選べる贅沢ランチ

前菜とメインがそれぞれ選べる贅沢ランチ4種の前菜と6種のメインから各1品ずつ選べて、さらにパンがついた「選べるランチ」。
前菜4種は、日替わりの「シェフのおまかせ前菜盛り合わせ」、「ニース風サラダ」、「田舎風お肉のパテ」と、厳選したハムとレバーパテの「シャルキュトリー盛り合わせ」となっています。さすが肉が自慢のお店だけあって、前菜とはいえ、どれもハムやパテなどの肉加工料理がたっぷり盛りつけられたどっしりとした一皿。しっかりお腹を空かせて行かないと、前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうです。サラダは新鮮な野菜の素材を生かし、オリーブオイルを使用したシンプルな味付けながら、細やかなこだわりを感じさせます。

メインは、「大山軍鶏グリル トマト&アリゴソース生バジル乗せ」、「たっぷり豚ロースの香草パン粉焼き」、「魚介たっぷりシーフードドリア」、「下田さん家の豚のクレピネット」、「本日の鮮魚のソテー」(+200円)、「サーロインステーキとフライドポテト」(+500円)の6種。

テーブルがわっと盛り上がる工夫を凝らした一皿一皿

テーブルがわっと盛り上がる工夫を凝らした一皿一皿まず驚くのは、どの料理も想像をはるかに超えたボリュームがあること。しかし、ボリューミーながらも盛り付けの見た目は美しくユニークで、料理がテーブルに来た瞬間、わっと歓声が上がります。他店ではあまり味わえないような、少し珍しい調理法や工夫を凝らした味付けも楽しく、ランチタイムを盛り上げてくれます。

とくに「下田さん家の豚のクレピネット」は、粗挽きの豚ひき肉を鶏レバーと合わせたハンバーグに網脂を巻いて焼いたという一品。豚と鶏レバーの旨味が重なった上品なコクとともに、肉汁があふれるダイナミックな肉料理の満足感も味わえます。

「サーロインステーキとフライドポテト」はとにかくまず肉の量、ポテトの量に驚かされます。レアに焼かれたサーロインステーキは柔らかくジューシー。胃袋に自信がある人はぜひ味わってみてください。

料理が出てきた時・一口食べた時会話が止まるインパクトを

料理が出てきた時・一口食べた時会話が止まるインパクトを総料理長の川﨑さんにお話をお聞きしました。
―料理に関して、どういうところにこだわっていますか。

川﨑さん「最初に料理が出てきた時の驚きは出したいですね。おーっと言わせて、会話を止めたいんです。たとえば4人くらいで一緒にランチに来たお客さんが、料理が出てきた瞬間に、すごいねこれって言ってそれまで話していた会話が止まってしまうような料理を出したいと思っています」



―たしかに出てきた瞬間インパクトがあって、会話が止まってしまいました。

川﨑さん「味付けに関してもそうですね。おいしく、というのは当たり前ですが、それが当たり前になっていないお店もありますから、自分たちが食べて一番おいしいと思えるものが出したいとは思っています。それと同時に、一口目のインパクトを大事にしたいと僕は思っています。一皿全部食べてやっとおいしさがわかるというのではなく、一口食べた瞬間に、お客さんの動きが止まるような料理を作りたいんです。僕はけっこう調理場からお客さんの様子も見ているんですが、お客さんが一口食べて動きが止まって、「これうまいよ!」と周りに勧めてくれるようであれば、やったな、と思います。」

「これを食べさせたくて」リピーターから広がっていく店に

「これを食べさせたくて」リピーターから広がっていく店に―おすすめのメニューは何ですか。

川﨑さん「単品メニューで一番おすすめしているのは「お肉の三点盛り」です。あとは、一番人気は「肉屋のポテトサラダ」。ポテトサラダの上に厚切りのベーコンがどんと一枚乗っていて、出てくるとお客さんが「これこれ!」と言って喜んでくれるメニューです。「これを食べさせたくて連れてきたんだよ」と言ってお友達を連れてリピートしてくれる方も多いですね。一口目のインパクトという点では、うちのスペアリブはお箸で切れるくらい本当に柔らかいんです。柔らかいものはとことん柔らかく。それだけで、お客さんが一口食べた瞬間の「おいしい!」という感動は大きいと思うんです。」



―昨年7月のオープンから半年少し経って、どう感じていますか。

川﨑さん「うちはあまり宣伝費もかけていないし、大通りからも少し外れたところにあるので、じわじわと評判になれば思っていますが、リピーターは多いので、やっていることに間違いはないな、と感じています。自分たちでも、「これで文句を言う人はいないだろう」と自信を持って料理をお出ししていますので。ちょっと隠れ家のような場所にある店ですが、前に来た人が、また違う人を連れて来てくれるというのを繰り返して、少しずつみなさんに知ってもらえる店になっていけたらいいな、と思っています。」



川崎さん

Profile

川崎さん

横浜ビストロzipの総料理長

《横浜ビストロzip》

横浜ビストロzipのホームページ

関連記事

関連記事はまだありません。

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018