ネッツトヨタ横浜ロゴ

外の喧噪から切り離され音楽とコーヒー・手作りメニューに癒される。楽しいイベントも開催のカフェ「桜山花音」

外の喧噪から切り離され音楽とコーヒー・手作りメニューに癒される。楽しいイベントも開催のカフェ「桜山花音」

JR東逗子駅から徒歩7分、住宅街の道路沿いに面し、可愛らしいこじんまりとした佇まいのカフェ「桜山花音(さくらやま かのん)」。マイネッツ逗子"LOHAS Garage"からも徒歩1分のご近所さんです。 一歩足を踏み入れると、レコードからジャズやクラシックの音楽が店内に流れ、外の喧騒から切り離されたくつろぎの空間が広がっています。「レコードが聴けるギャラリーカフェ」をコンセプトに2015年7月から開店したカフェ桜山花音。店主の高橋さんに、そのコンセプトの理由やこだわりについてお聞きしました。

高音質でレコードや生演奏が聴けるリラックス空間

高音質でレコードや生演奏が聴けるリラックス空間―なぜレコードが聴けるカフェを始めようと思ったのですか?

高橋さん「夫と私の趣味で集めていたクラシックやジャズのレコードがたくさんあったのですが、眠らせていてももったいないかな、と思ったのがきっかけです。2人でオーケストラに入っていたこともあって、もともと音楽が好きなんです。レコードが聴けて、コーヒーでも飲めるようなところを作ったらいいんじゃないかな、と。
レコードを聴ける場所って、最近あまりないじゃないですか。お客さんの持ってきたレコードも、状態の良いものであればかけることができます。傷だらけだったり、曲がってしまっていたりすると難しいんですが、もし眠らせているレコードがあれば、ぜひお持ちください。土曜日は夫のオーディオ解説も聞けますよ」

―店内に入ってまず、外の音がまったく聞こえないので驚きました。

高橋さん「近隣のことも考えて、防音には気を使ったんです。壁は、反響する板と吸音部分を組み合わせています。お店の中でステレオを聴いたときに生音に近い音に感じられるように、天井を高くしました。窓も二重窓になっていて、ドアもカラオケルームで使われているような防音ドアです。音響設計にはこだわったので、「音には一家言あるぞ」というステレオ通の人にも気に入ってもらえるんじゃないかな、と思います。ご近所の方も「東逗子の異空間」なんて言ってくれてます。
東逗子という場所を選んだのは、いろいろな経緯があって。最初は鎌倉で古民家カフェをやりたいと思って探していたんです。でも鎌倉にはなかなかいい場所が見つからなくて、逗子で探し始めたら、古民家ではなくいい土地が見つかったんです。駅から少し遠いのがネックなんですけどね。ネッツさんで車の整備をしている間にお茶を飲みに来てくれるお客さんも何人かいらっしゃるので、これからもよろしくお願いしますね。」

―ぜひお客様に、素敵なカフェがありますよ、とおすすめしたいと思います。こちらのお店ではコンサートやイベントもたくさん開催しているんですよね。

高橋さん「そうです、身近に楽しめるイベントをいろいろ用意しているんです。オーケストラに入っていた頃の友達のつながりで、デュオやトリオのランチコンサートを開いています。私もフルートを吹くので、ピアノを弾く友人と「アンサンブル・カノン」というデュオを組んで、ミニコンサートで演奏することもあります。普段は友達のアマチュアミュージシャンが演奏することが多いのですが、ミュージシャン同士のつながりでプロの方が来てくれたこともあります。フォークミュージシャンの中川五郎さんに出演していただけたのも、そのひとつですね。
毎月の歌声喫茶とウクレレ教室はだいぶ定着して、毎回10人以上は集まっていただけるようになりました。来てくれる方も、多くは地元の人です。でもイベントによっては正直「もうひと頑張り!」というものもあるので、もっと浸透させていきたいですね。」

絵画や手芸も楽しみながら、手作りパンやケーキを味わう

絵画や手芸も楽しみながら、手作りパンやケーキを味わう―ケーキや食事メニューはすべて手作りなんですか。

高橋さん「はい、私が作っています。こだわりは手作りの天然酵母パン。まず天然酵母を起こすところから始めるんです。人気メニューのスープチキンカレーに付いているトーストのパンも、この手作りパンです。以前は四角い形のパンにしていたんですが、扱いにくいので丸い形のトーストにしたら、意外にかわいいとみんな喜んでくれています。このパンを使ったシナモントーストも美味しいと評判ですよ。ケーキもすべて手作りで、チーズケーキやシフォンケーキをお出ししています。
コーヒーは、このすぐ近所に「珈琲屋きりぎりす」さんという豆のお店があって、そこですべて仕入れています。こだわりのあるマスターがいらっしゃって、いろいろコーヒーについて教えてくれたんです。普段は一つ一つドリップで手淹れして、人が多くて忙しい時はマスターが教えてくれたコーヒーメーカーを使っています。コーヒーの苦手な方には、自家製梅ジュースもおすすめです。」

ネッツトヨタ横浜STYLES 桜山花音 シナモントースト&梅ジュース

―シナモントーストもケーキも本当に美味しいです!コーヒーもやさしく爽やかな味わいですね。店内の壁にはたくさん絵画が飾ってありますが、これはどういったものですか?

高橋さん「水彩画は、実は私が描いた作品なんですよ。それ以外の絵は、私の絵の先生が描いた作品だったり、そのお弟子さんの作品だったりします。欲しいという方がいたら販売もしています。ほかにも写真展や、手芸作品の展示も行っています。着物をリメイクしたアロハシャツを作っている方がいて、私も教わって作っているんですが、その方の着物アロハの展示会もありました。」

―音楽に料理、絵に手芸と、多彩なご趣味をお持ちなんですね!

高橋さん「自分自身がいろいろやりたいことがあるので、何かやりたいことがあって場所を使いたいという人が集まれるカフェにできたらいいな、と思っているんです。毎週木曜日の朝には、手芸の会も開いています。最初はそれぞれ、自分のやりかけの縫い物や編み物などを持ち寄って、お茶を飲んでおしゃべりしながら手を動かせたらいいなと思っていたんですが、それではなかなか人が集まらないので今度から、浴衣リメイクを教えて一緒にやってみることにしました。これをきっかけに「花音で気晴らしに音楽聴きながら編み物でもしようかな」と思ってくれる方がいたらいいな、と思っています。」

地域に密着し「いろいろなことに使ってもらえる場所」に

地域に密着し「いろいろなことに使ってもらえる場所」に―本当にいろいろなことをやっているカフェなんですね。

高橋さん「他にもプロの写真家の方のカメラ講座があったり、朗読会があったりもします。長年朗読をされている方が小説などを読んでくれるのですが、一人で女性役やお年寄りの役もこなして、一人芝居のようで迫力満点なんです。涙ぐんで聴かれるお客さんもいるほど。夏は怪談なども取り入れて、本当に面白いですよ。お客さんからの提案で、ビートルズのレコードを旧盤と新盤で聴き比べる会とか、仏像に関する勉強会なんかもありました。栄養士の友達が薬膳専門栄養士の資格を持っていて詳しいので、その方に料理を作ってもらって、お話も聞ける薬膳の講座もやっています。」

―今後のお店の展望はありますか。

高橋さん「もっといろいろなことにこの場所を使ってもらいたいと思っています。もちろんスペースや用途によってできないこともあるけれど、できる限りは、やりたいことを持ち寄ってもらってそれに答える場所でありたいな、と思います。それぞれのイベントに関しても、興味のある人はもっとたくさんいると思うので、もっと広く知らせたいし、地域に定着させていきたいですね。桜山の町内会が近年復活して、町内の掃除などに参加していると「こんなところにカフェあったの?」と来てくれる方も少しずつ増えてきました。町内のつながりも大事にして、地域に根付いたカフェにしていきたいです。」

桜山花音 高橋さん

Profile

桜山花音 高橋さん

手作りの料理や高品質な音楽、絵画や手芸も楽しめる桜山花音オーナー。

今回ご紹介したお店はこちら

桜山花音<br>詳しくはこちら

関連記事

TOYOTAの世界戦略SUV CHR ネッツトヨタ横浜 採用情報2018